膝痛、股関節痛など足の症状でお悩みのあなた。その痛い膝や股関節ばかりに注目して治そうとしていませんか?
でもちょっと待って下さい。

実はその痛みの原因はあなた自身の間違った歩き方、つまり膝や股関節などに余計な負担をかける、無理な足の使い方にあることがほとんどなのです。

あなたは自分の歩き方がおかしいなんて、思ったこともないかもしれません。

でもお習字なら、最初に正しい筆の持ち方を習うはずです。スポーツをされる方ならば、最も効率的な正しいフォームを繰り返し練習されると思います。

ですから当然「歩き方」にだって、足の構造上自然で無理のない動かし方、つまり「正しい歩き方」があるのです
これを専門用語で生体構造力学(バイオメカニクス)と言います。

もともと私たちのカラダには自然治癒力というものが備わっています。病気やケガも時間とともに自然に治っていくべきはずのものです。

ところが、本来治るべき症状が慢性化してしまうことの背景には、生体構造力学から外れた、間違った体の使い方を繰り返すという悪い生活習慣が潜んでいます。

とりわけ足は全身を支える土台部分ですから、間違った歩き方が体全体に大きな悪影響を及ぼすことはご理解いただけると思います。

以下は間違った歩き方によって引き起こされる可能性のある症状です。

 

お気づきのように、痛みや疲れなどの不快な症状だけでなく、О脚や足の太さなどの見た目にまで大きく影響するのです。

しかし、たとえあなたが「私の歩き方間違ってる!」と気が付いたとしても、いったいどこで正しい歩き方を学ぶことが出来るでしょうか?

最近はモデルのような美しさを追求した歩き方を指導している教室もあるようです。

ただそれは当然、足にまつわる症状を解決するための正しい歩き方ではありません。

求められているのは、健康にとって本当に必要な、生体構造力学に則った、カラダにやさしい合理的な歩き方を学べる場所なのです。

そこで当院では、「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」という、「屈曲歩行」と「二軸歩行」を基本とした、人間の体の構造上理にかなった最も自然な歩き方を、みなさんにお伝えしています。

これはネイティブウォーキング協会代表の中島が、足から起こる様々な問題の本質的解決を追求していく中で、最先端のアメリカ足病医学を学び、その理論を主軸にして開発された歩行指導メソッドです。

アメリカ足病医学という確かな理論に裏打ちされ、さらに臨床の現場で練り上げられたこのメソッドにより、日々多くの症状改善がなされています。

正しい歩行を身につけることが、文字通り健康への第一歩なのです。

確かに今まで習慣となってきた歩き方を変えることは容易ではありません。

しかしながら、ネイティブウォーキングにはそれを可能にする独自の方法論があります。

もちろん努力は必要ですが、80歳を超える方でも習得された実績があります。

足に問題を抱えた方であればあるほど、今までの歩き方とは全然違うものだと実感されることでしょう。

そして驚くほどの足の軽さに、「なるほどこれなら良くなるはずだ!」と納得されるはずです。

ぜひ一度、「人生を変える歩き方」を体験してみませんか?