当院では皆様の痛みや不調を解消するため、最も効果的で安全性の高い方法は何かを追求し、常にベストな施術をご提供していきます。

そしてその根幹には「人には自然治癒力があり、誰もが自分自身で治るチカラがある。」という哲学があります。

たとえば子供の頃転んでケガをした時、「それくらい唾を付けとけば治るよ。」と言われて、そのとおり治ってしまったと思います。

これこそ自然治癒の力なのです。これはもちろん目に見えるケガだけでなく、身体の中でも常時この「治るチカラ」が発揮されているのです。

ですから、ガンのような進行性の病気や、先天性、ウイルス性の病気など特殊なもの以外は、大抵この自然治癒力によって、時間とともに治ってしまうはずなのです。

ところが、皆さんがお悩みの外反母趾や腰痛、膝痛などは、改善するどころか段々と悪化、慢性化してしまっているのではないでしょうか?

もし本来治るはずのものが治らないのならば、それは傷口に塩を塗るような、自ら悪化、慢性化を招くようなことをしているはずなのです。

分かりやすく言えば、喘息なのにタバコを吸い続けたり、肝硬変なのにお酒を飲み続けたりするということです。

これを先程の外反母趾や腰痛、膝痛に当てはめると、「体を痛めつけるような立ち方、歩き方を習慣的に繰り返してしまっている。」ということになります。

これを聞かれると、「なるほど!」と思い当たる方もいる一方で、「自分は姿勢良くしようと努力しているけど…。」という方も案外います。

しかし、実際にその良い姿勢や歩き方というものを、どこかで正式に指導してもらったことはあるでしょうか?

本当に正しい姿勢や歩き方の基準が分からなければ、いくら努力しても正しいものにならないですよね。

皆さんはテレビや雑誌、インターネットなどにあふれる様々な情報を聞きかじり、根拠の不確かなまま、「これが正しい姿勢、歩き方だ」などと思い込んではいないでしょうか?

メディアに取り上げられては廃れていくこれらの情報は、視聴率や再生回数、スポンサーの意向などにより脚色され、歪められてしまっており、この中から真に有益な情報を得ることは難しいのが現状です。

もしあなたがこれらの誤った情報を信じ込み、正しい姿勢や歩き方だと思って日々繰り返してしまったらどうなるでしょう?

せっかくの自然治癒の働きが阻害されるどころか、ますます体に無理を強いるのですから、症状が悪化、慢性化していくのは火を見るよりも明らかです。

とはいうものの、今まで正しい歩き方を指導してもらうような場面というのは、正直なかったことと思います。

都会には、モデルのような歩き方を教えるスクールもあるようですが、これも美しさを求めたもので、決して体にいい歩き方とは言えません。

ですから、正しい歩き方を知らないことで、外反母趾や腰痛、膝痛などの慢性症状に悩まされ続ける方が大勢いるのです。

ここまでご覧になられてご理解いただけたかと思いますが、外反母趾をはじめとした足に関係する問題を本質的に解決するには、正しい歩き方を身につけ、習慣化することが必須です。

そうしたことから、当協会ではアメリカの最先端の足病学や、生体構造力学をベースに、体にとって無理のない、合理的な歩き方を追求してきました。

そして、だれもが身につけられるように、分かりやすい指導法にもこだわってきました。

当院の提供する施術内容は、現在の症状を解消するための「整体施術」と、その良くなった体を保つための正しい歩き方をメインにした「生活習慣指導」を二本の柱に、お体のお悩みを本質的に解決する整体院として、皆様の真の健康をサポートしています。