外反母趾でお困りの方は大変たくさんおられ、大手シューズメーカーの調査によると、なんと日本人の約70~80%の方にその傾向があると言われています。

これほど多くの方が外反母趾になっているのに、なぜ外反母趾になるのか、そしてどのように予防し、治していくのかという正しい情報は、残念ながらほとんどないのが現状です。

ここでは、どうして外反母趾になるのか、そしてどうすれば解決できるのかを、わかりやすくお伝えさせていただきます。

外反母趾とは

皆さんはどのような状態を外反母趾というかご存知でしょうか?

外反母趾とは、足の親指の付け根の関節が横に広がるように出っ張り、親指が「く」の字型に曲がってしまったものを言います。

通常、外反母趾の状態の度合いは、この親指の曲がった角度で判断されます。

 

外反母趾が体に及ぼす悪影響

まず真っ先に皆さんが思いつくのは、痛みではないでしょうか?

意外にも痛みは、親指の角度が大きいほど強まるわけではなく、角度が小さくても痛みを訴える方がいらっしゃいます。

外反母趾に由来する痛みは、大きく分けて二つあります。

一つは突き出た関節部分が、靴とこすれて起こる痛み。

もう一つは、靴を脱いでいても関節そのものが痛むものです。

いずれにしても痛いことには変わりないので問題ですが、さらに痛みをかばった不自然な歩き方で、他のところまで痛めてしまう可能性も大いにあるのです。

ですから、現時点での親指の角度や痛みの程度にかかわらず、早めに対策をとることが本当に大事になってきます。

たとえ痛みがないからと言って、放っておいていいというわけではありません。

外反母趾になると足の靭帯が緩んでしまうため、足の骨の安定性が悪くなってしまいます。

そしてそれが膝痛や股関節痛、足の疲れやむくみ、ふらつきなどの原因となるのです。

当然ですが、土台となる足がぐらついてくれば、からだ全体に悪影響を与えます。

正しくまっすぐに立つことが困難となり、反り腰や猫背など、姿勢がどんどん崩れていってしまいます。

外反母趾がこれらの症状を引き起こしているとは、なかなか気づくことが難しいかもしれません。

しかし、外反母趾が解消されることで、これらの症状も同時に良くなっていくことが多々あるのです。

 

どうして外反母趾になるのか

皆さんもどこかで聞いたことがあると思いますが、日本で一般的に言われているのは、「ハイヒールを履いているから」、「足の指の力が落ちているから」などではないでしょうか?

しかし、実はどれも外反母趾を引き起こす本質的な理由ではありません。

日本ではあまり知られていませんが、足に関する医学が進んだアメリカには、足病医と言われる足専門のお医者さんがいます。

彼ら足病医の間では、「外反母趾の根本原因は足の過剰回内(オーバープロネーション)にある。」との見解が常識になっています。

外反母趾は、その根本原因である過剰回内に、足の指を捻るように蹴る動き(アブダクトリーツイスト)がプラスされて引き起こされるものであると、医学的に証明されているのです。

これはごく簡単に言えば、「外反母趾は間違った歩き方(足の使い方)で起こる。」ということになります。

 

過剰回内(オーバープロネーション)とは

過剰回内を一言で説明すると、「踵の骨が外側にすべって、足首が内側に倒れてしまっている状態」を言います。


ご自分の足が過剰回内なのかが分かりにくい時は、鏡の前に立ち足を一歩踏み出してみてください。過剰回内している場合は、膝が足先よりも内側に倒れている(図)ことが多いので、一つの目安になります。

ちなみに、回内(プロネーション)という動きそのものは、歩きの動きの中で必要なものなのです。ただ、この回内が過剰になってしまうことが問題なのです。

この過剰回内は、外反母趾の根本原因になるだけではなく、その他多くの足の症状を引き起こす元凶と言っても過言ではありません。

また、生まれつき過剰回内の方もおられますが、それだけが原因で足の症状が引き起こされることは、実は少ないと言えます。

ほとんどの場合、それに加えて、間違った歩き方(足の使い方)が習慣的に繰り返されることにより、症状が悪化していくのです。

 

本当の外反母趾解決策

これまでの解説をご覧になられて、どうしてあなたの外反母趾が、テーピングやサポーター、マッサージや足指の運動などで解決することが出来なかったのか、十分ご理解いただけたのではないでしょうか?

もちろん、これらは「曲がった足の指を戻す」だけのその場しのぎだからであり、過剰回内という本当の原因にアプローチすることが出来ないからです。

たとえその時は足指を戻すことが出来ても、いずれまた曲がっていってしまうことが目に見えているのです。

それでは外反母趾を本質的に解決するにはどうしたら良いのでしょうか?

もうお分かりですね。そうです。歩き方(足の使い方)を変えるしかないんです。

過剰に回内してしまう足の動作を、足本来の骨の作りに沿った、正しい動作に戻してあげることが必要なのです。

しかしここで注意していただきたいことがあります。

それは、一般的に言われている「足指に力を入れて歩く」「大地を力強く蹴って歩く」「歩幅を大きく歩く」「足をきれいに伸ばして歩く」などは、むしろ外反母趾を悪化させる可能性がある、誤った歩き方だということです。

当院でお伝えする「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」は、これらの根拠のあいまいな歩行法とは一線を画しており、足病学、生体構造力学という正当な学問を基礎にして開発された、信頼性のある歩行指導メソッドです。

 

皆様には、この「ゆるかかと歩き」の習得をメインに、全身のバランス調整を組み合わせた「ネイティブウォーキングプログラム」をご提供いたします。

当院をはじめ全国の治療院でも取り入れられ、日々多くの方の外反母趾を改善に導いている、画期的なプログラムです。